2019.02.17 Sunday

図形もパターンを理解

0

    JUGEMテーマ:高校受験

     

    県立入試に「襷を君に」があったので、

    「欅を君に、だよね?」

    とボケたらだだ滑りした高橋です。

     

    図形センスが要るか?

    と聞かれたら

    「そりゃあった方がいいに決まっている」

    と答えますが、

    実際に問題を解くうえでは

    パターンを理解する

    ことが重要です。

     

    とくに受験競技では時間も限られているので、

    自分の知っている内容と

    短時間で照会できる

    のはとても大事です。

     

    数学を楽しむだけならば、

    数日かけて、

    様々な方向から検討するのが、

    すごくいいのですけれどね。

    そこは受験勉強ですからしょうがない。

     

     

    上の写真の相似も有名な形ですが、

    パターンを理解していると

    「あーここに補助線引きたいなぁ」

    となります。

    まったくパターンを意識しないと

    自分の図形センス頼りになってしまい、

    時間がかかってしまうでしょう。

     

    あるかないか、自分でわからない図形センスに頼るよりも、

    学習した分効果が出るであろう、

    パターン理解に頼ったほうが受験には有利ですね。

     


    図形のパターンを一緒に理解したい人は、

    こちらのHPの送信フォームに「体験したい」と書いて送ってください。

    1両日中に返信します。

     

    ではでは

     

     

     

    2019.02.16 Saturday

    高橋塾と同じ歳のパソコン

    0

      ※中身はありません。

       

      塾を開校したときに買ったPC。

      そのPCの調子が悪く

      「メモリが壊れただけだろう」

      とHDDの異常な発熱を無視していたところ、

      HDDがクラッシュ。

       

       

      どうにもこうにも復帰できない。涙

       

      早急に直さないと仕事にならないので、

      量販店でHDDをゲット。

      「windows10は売っていますか?」

      「OSはバンドル(PCについてるやつ)だけです!」

       

      まじかよ。

       

      家の荷物をあさってパソコンについていたwindows7をゲット。

      再インストールをしたところ、

      「windows10にアップグレードするにはドライバが古すぎる」

      とmicrosoftにいわれたので、

      windowsアップデートを実行。

       

      すると、

      「おまえwindows7のドライバはもうこっちで管理していないよプゲラ」

       

       

      どうしろと・・

      フリーソフトのドライバを探してくれるものを利用して、

      アップデート。

      そしてwindows10へアップグレード!!

       

      「このパソコンのディスプレイは古すぎるからアップグレード止めたい」

       

      と、アップグレードが止まる。

      ネットを探しても

      「もう、それはどうしようもないね。買いなおそう!」

      という情報しかなく、涙目。

       

      涙をぬぐって、

      もう1回アップグレードしたところ、

      なぜか、成功。

      (たまに警告はでるのはあきらめた)

       

      tex perl openoffice ・・などなど

      入手しなおして、

      ある程度仕事ができるようになりましたとさ。

       

       

      以上、ブログの更新ができなかった言い訳でした。

      古いパソコンを使っている人は気を付けましょう。

       

      今回は、

      塾に関係のない話なので、

      フォームはついていません。

       

      ではでは

      2019.02.12 Tuesday

      すべることを恐れず数学を解く

      0

        JUGEMテーマ:学力

         

        ひらがなけやきが、

        日向(ひなた)坂に解明することで、

        日向小次郎が忘れ去られるのではないか?

        という寂しさを感じている高橋です。

         

         

         

         

        2月6日TBSラジオ「伊集院光とらじおと」

        ゲストにますだおかだの岡田圭右さんが来ていました。

         

        ぼくはすべり芸と思っていない。

         

        自分のなかで面白いと思っていることをどんどん言っていこう。

        はじめのうちは怪我をする。

        どんどんどんどんいっているうちに、

        自分で治療できるようになった。

         

        どんなときでも面白いと思って自信をもって言う!

        ※ふんわりとですので、細かいせりふ回しは保証しません。

         

        いい言葉ですね。

         

         

        数学の問題を解くときでも、

        この問題は解ける!

        という自信は大事です。

         

        ぱっと見た瞬間に「いける」と思いましょう。

        最初は根拠なんかなくてもいいのです。

        どうやって解くのかは、

        熟読して、

        実験して、

        あたりをつけて、

        自分に説明しながら考えればいいのです。

         

        はじめから

        「無理だなあ」

        なんて思ったら、

        まず解けません。

        特に精神状態に左右されやすい10代の学生は、

        負のスパイラルに入ってしまいます。

         

        むりかな・・

        でも一応読むか・・

        時間がたっていくな・・

        やっぱり無理かな・・

        でも一応・・

         

        このスパイラルは「一応読むか」が全然熟読にならないところが原因です。

        気持ちが乗っていないので、

        つまらない見落としをしやすいのです。

         

        それを

        「この問題は絶対に解ける。つまり見落としがあるはずだ」

        と考えると、

        結構問題文からヒントを読み取れたりします。

         

        もちろん、

        結果として解けないこともあるでしょう。

        でも、

        前掛かりに問題に取り組まないと、

        解けるものも解けなくなってしまいます。

         

        まずは

        宿題の問題から

        「自分は解ける!」

        と思い込んでやってみましょう。

         


        「解ける」という思い込みを本当の力に、

        一緒に変えませんか?

        興味を持った方は

        コチラのHPからお問合せ下さい。

        送信フォームに「体験したい」などと書いて送ってください。

        1両日中に返信します。

         

        ではでは

        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        2425262728  
        << February 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM